ベイトフィネスで鯉釣り!ダイワのバスロッド×リール×ルアーで鯉65cm

ベイトフィネスで鯉釣り!ダイワのバスロッド×リール×ルアーで鯉65cm

凄かったのがダイワのブラックレーベルプラス661M/MLFB、公式で‘‘あらゆる陸っぱりベイトフィネス対応可能‘‘と謳っているライトな設計のロッドにも関わらず、鯉の強烈な引きにも耐え、一切の不安なくしっかりと寄せてこれるパワーがありました。あとは感度、ロッドの造りがいいのでしょう。手元に僅かに伝わってきた「ププルンッ」という違和感にビシっとアワセることで獲れた魚だと思います。

スティーズSV TWは本当にバックラッシュしなかった!飛距離インプレ

スティーズSV TWは本当にバックラッシュしなかった!飛距離インプレ

今回はそこそこ強い向かい風の中での試し投げでしたので、普通は軽いプラグなんか投げてたらそこそこバックラッシュしても良さそうなものですよね?それが全くないから驚きでした。今回私が「着水時のサミング意外必要ない」として設定したブレーキ値であれば、着水時ですらシビアなサミングは不要です。もう1ダイヤルブレーキを強くしてやれば着水時のサミングも必要ないんじゃないかな?

陸っぱりの1本はこれだ!ブラックレーベルプラスBL+661M/MLFB購入

陸っぱりの1本はこれだ!ブラックレーベルプラスBL+661M/MLFB購入

661M/MLFBは一応ベイトフィネスロッドというカテゴリーにも関わらず、12gもあるスピナーを何の不安も無くフルキャストすることが出来ます。どう思います?「70cm弱のシーバスを難無く獲れるベイトフィネスロッド」もしくは「70cm弱の魚をいなして寄せる事が出来るベイトフィネスロッド」。こんなロッドがあったら欲しくありませんか?

淡水で92cm/6.5kgのランカーシーバス!パックロッドでシーバス釣り

淡水で92cm/6.5kgのランカーシーバス!パックロッドでシーバス釣り

バス用のランディングネットにこの魚体は1/3程しか収まらず、尚且つ超重たい魚でもあったので、その状態ではネットを真上に引き上げることが出来きず、そのせいで見事にランディングネットは破損。その後折れたランディングネット(のネット側)とボガグリップ30lbを駆使して「死んでも逃がすものか」と鬼の形相で頑張っていたら何とかランディング出来ました。

サウンド9.5艤装!カヤックフィッシングで魚を驚かさない為の改造

サウンド9.5艤装!カヤックフィッシングで魚を驚かさない為の改造

エレキやエンジンを動力にしているボートに比べ、カヤックの利点は‘‘かなり水深の浅い岸際ギリギリまで入っていくことができる‘‘こと。せっかく魚がついている事が多い岸際に入ったのに、大きな音をたてて魚を散らしてしまうなんて勿体無いですからね。

Fishman ブリスト 5.10LH の ‘‘ショートグリップ‘‘ 入手インプレ

Fishman ブリスト 5.10LH の ‘‘ショートグリップ‘‘ 入手インプレ

‘‘ブリスト5.10LH‘‘と‘‘ブリスト5.10LH用ショートグリップ‘‘をどちらも買おうと思うと、合わせて7万円以上しますね。いや~そんな高い釣具買えねえっす!と安易に否定するのではなく、ちょっとブリスト5.10LH×ショートグリップを持つことで得られる優位性を考えてみましょう。

スポンサーリンク
広告 PC