魚釣りの絞め具!錆びないナイフ「サビナイフ」は本当に錆びなかった

魚釣りの絞め具!錆びないナイフ「サビナイフ」は本当に錆びなかった

釣具量販店でよく見かけるステンレス製のフィッシングナイフと比べると若干高価ではありますが、メンテナンスが楽だし、それでいてほぼ錆びないので衛生的にも優れています。切れ味を持続するために研ぐ行為は必要ですが、それでもGサカイのサビナイフは‘‘一生モノのフィッシングナイフ‘‘だといえるでしょう。

握力とリストを強化!ルアーのキャストがうまくなる簡単トレーニング

握力とリストを強化!ルアーのキャストがうまくなる簡単トレーニング

ピッチングやスキッピングなどのテクニカルキャストの飛距離と精度を高めようと思った場合、今回ご紹介の‘‘キャスト筋(前腕筋)を鍛える‘‘という方法はかなり効果的です。私のように趣味で魚釣りをしている人間には、日々の生活の合間にパワーボールを使ってキャスト筋を簡単且つ効果的に鍛えることが、タックルをイメージ通りに操作しルアーを狙った場所に投げるための近道になるでしょう。

バス釣り!O.S.Pマイラーミノー+偏光サングラスでサイトフィッシング

バス釣り!O.S.Pマイラーミノー+偏光サングラスでサイトフィッシング

普段は視界が暗くなるのが嫌であんまりかけないのですが、こうやって偏光グラスを使ってサイトで釣ってみると、これまでの釣りで逃した魚も何匹か居たのかもしれない、そう思わせてくれる程の見えっぷりでした。やっぱり偏光グラスはあった方が魚は釣れると思います。

リーニアのタックルバッグ‘‘グルーパー‘‘の収納例|陸っぱりの小物紹介

リーニアのタックルバッグ‘‘グルーパー‘‘の収納例|陸っぱりの小物紹介

陸っぱりで魚を釣る最大のコツは‘‘魚が居る場所を探す‘‘こと、そのためには足を使って動き回る必要があります。そうなるとロッドも1本の方が絶対に良いし、荷物も少ないに越したことがありません。疲れるんですよね、ロッド数本や重いバッグを持ち歩くのが。ルアーもある程度絞って持っていった方が、迷う時間も減って釣りに集中できます。

釣り人は家族の安全を最優先すべし!ベッドガードをイレクターで自作

釣り人は家族の安全を最優先すべし!ベッドガードをイレクターで自作

使い方をマスターしておけば何でも作れるヤザキのイレクター。例えば釣具用の棚を作ったり、ロッドスタンドを作ったり、自動車の荷台にベッド(棚)を自作したりと本当に何でもいけますので、一度ベッドガードでも作ってみてその使い方に慣れておくと、今後の釣り人生の糧になってくれるでしょう。

カヤックフィッシング!艤装したカヤックでバス釣りするとこうなる

カヤックフィッシング!艤装したカヤックでバス釣りするとこうなる

ただ、全て簡単に艤装したわりには使えるものが多かったのには我ながら驚きでした。というか市販の艤装パーツはひとつも買っていないのに、なかり快適にカヤックフィッシングが行える状態に仕上がっていると言っても良いでしょう。サウンド9.5のポテンシャル、恐るべしですね。

もう陸っぱりでルアーをロストしない!ランディングネットのルアー回収機化

もう陸っぱりでルアーをロストしない!ランディングネットのルアー回収機化

ネットで2000円ちょっとで買ったのですが、高価なハードルアーであれば1個回収しただけで元が取れますし、2個目からは儲けだといえます。今回生まれて初めてルアー回収機(ルアーキャッチャー)を購入しましたが、もっと早く買っておけば今まで根掛かりでロストしてきたルアー達の何割かは回収できていたでしょうね。

スポンサーリンク
広告 PC