立岡池ボウズ!簡単フローティングキャロ考案とヘビキャロの収納について

立岡池ボウズ!簡単フローティングキャロ考案とヘビキャロの収納について

ただ、普段よく行く江津湖と今回の立岡池がそうだったように、水深が全然ない場所ではワームをズル引くよりも水面直下とか中層を泳がせた方がバスに気付いてもらいやすいのではないかと思うので、ヘビキャロのシンカーで強制的にボトムをとるのではなく、どうにかしてワームを浮かせられないかと考えてみたのが上の画像のリグ、フローティングキャロ(のつもり)です。

カヤックフィッシング用にロッドグリップ延長!簡単自作ロッドカスタムのすすめ

カヤックフィッシング用にロッドグリップ延長!簡単自作ロッドカスタムのすすめ

カヤックフィッシングをメインに考えると、グリップをあと5cmも長くすればしっかりと脇に挟めるようになるが、そうすると陸っぱりの鯰釣りでのキャストがやりにくくなる。3cm程度であればギリギリ脇に挟めるしキャストの邪魔にもならないだろうな~。なんて思っていました。

これは簡単!スナップで一瞬でリグれるヘビキャロ仕掛けの作り方

これは簡単!スナップで一瞬でリグれるヘビキャロ仕掛けの作り方

今回作った仕掛けは「ヘビキャロ歴○○年」みたいな人が見たらナンダコレハケシカランと怒るのかもしれませんが、陸っぱりの釣りで色んなルアーを投げる中、ローテーションのひとつとしてヘビキャロを持っておく程度の使い方であれば気軽に用意できるし、かさばらないし、釣れるし、おすすめでよ!

江津湖ヘビキャロ!BL+7011HRB × タトゥーラCTタイプR のインプレ

江津湖ヘビキャロ!BL+7011HRB × タトゥーラCTタイプR のインプレ

主に琵琶湖のような広大なフィールドで多用されるリグのようで、私の住む熊本県にはそれほど大きな規模のポイントは無く、そのためあまり必要ではないリグかに思われますが、逆に考えると「あまり人がやっていない釣り」であればあるほど魚はスレていないはずなので、その辺も期待に胸が膨らむところではあります。

スピニングVSベイトフィネス!どっちがルアーを飛ばせるのか飛距離インプレッション

スピニングVSベイトフィネス!どっちがルアーを飛ばせるのか飛距離インプレッション

なんと、同じMLのスピニングロッドとベイトフィネスロッドでは、ベイトフィネスの方が飛距離が出ることが判明してしまったのです。その構造上、キャスト後のルアーにかかる抵抗が少なく気持ちよく飛び、その結果飛距離が出ると思っていたスピニングタックルでのキャストでしたが、まさかベイトタックルに負けてしまうだなんて、、、。

ダイワのバスロッドでソルトのジギング 鯛ラバ ロックフィッシュをやってみた

ダイワのバスロッドでソルトのジギング 鯛ラバ ロックフィッシュをやってみた

それはさすがに無理がるでしょうし、そこは分けて考えた方がいいのかもしれませんが、究極の理想を言えば‘‘1本で海でも川でも何の魚でも狙えるロッド‘‘が欲しいのです。そうするとバスロッドがやはり汎用性が高いと思われますので、あとはグリップをちょっとずつ延長してみてバス釣りでも使えてオフショアのバーチカルゲームではギリギリ脇に挟める長さを追求してみるか?

立岡池バス釣り!BL+671MLFS×16セルテート2004のデビューインプレ

立岡池バス釣り!BL+671MLFS×16セルテート2004のデビューインプレ

これが太糸を巻いたベイトタックルであれば、カバーの奥で魚をかけようが、ルアーが多少根かろうが、あまり細かいことを気にせずゴチャゴチャした場所に投げることができますよね。スピニングタックル×細糸はボートの釣りでピンスポットを狙う、もしくはバーチカルに探る場合に有効なのかもしれません。

スポンサーリンク
広告 PC