ミリオネアCV-Zのハンドルナットリテーナー(ハンドルキャップ)注文

ミリオネアCV-Zのハンドルナットリテーナー(ハンドルキャップ)注文

まあ無くてもバス釣りで使う程度ならナットが緩むこともないだろうと思い、特に気にしていなかったのですが、別のリールのパーツを釣具屋に注文する機会がありましたのでついでに聞いてみました。「あの、、、ミリオネアの部品なんですけど、、、ハンドルキャップってやつなんですけど、、、まだありますか、、、?」←そう、私はコミュニケーション障害を患っておりますので悪しからず!

冬の下江津湖で48cmのブラックバス釣りました!またダウンショット

冬の下江津湖で48cmのブラックバス釣りました!またダウンショット

これは2017年1月17日の釣果です。場所は熊本が誇る1級バス釣りポイント江津湖(えづこ)、57号線を堺に上江津湖と下江津湖に分かれているのですが、今回は下江津湖の方です。2017年に入って本格的に取り入れたライトリグ、その中でも釣れ釣れなダウンショットリグ、さらにそのダウンショットリグをスナップで簡単に交換できるようにしたダウンショットリグ改で48cmのブラックバスを釣り上げました。

スナップで簡単に交換できるダウンショットリグを作ってみる

スナップで簡単に交換できるダウンショットリグを作ってみる

リグったあとでルアーを交換したいと思ったら、いちいちラインを切らないといけないんですよね。私は陸っぱりではロッドは1本しか持ち歩きたくない派閥に属していますので、「このタックルは今日はダウンショット用」みたいな事はできないんです。そしてルアーをころころ替えたい星の出身でもありますので、スナップを必ず使用してます。さてどうしたものか、2017年に入って多様しているダウンショットリグでバスが釣れ釣れなのは分かった、しかしルアーの交換が非常に面倒くさい。

冬の下江津湖で35cmのブラックバス!ダウンショットリグ最高!

冬の下江津湖で35cmのブラックバス!ダウンショットリグ最高!

これは2017年1月29日の釣果です。このサイズでも釣れたら嬉しいですね。これまで(2016年まで)の私は、「バス釣りなんてルアーを投げているだけで楽しいし、食い気がある魚が居さえすればどんなルアーでも釣れるだろ!ワーム?なにそれみみっちい、男なら黙ってハードルアーだろ!」という謎の自信だけでやってきました。 それでも10回に1回は釣れるし、普段釣れないものですからその10回に1回のまぐれでも嬉しくて、それで満足しちゃってたんですね。

マグフォースVの飛距離を測ってみた!ミリオネアCV-Z103インプレッション

マグフォースVの飛距離を測ってみた!ミリオネアCV-Z103インプレッション

こうやってみるとやはりノーマルマグフォースVの方が飛距離が出ますね。しかし軽いルアーになるとバックラッシュが目立ち、チビアダーではバックラッシュが酷くて全く釣りになりませんでした。メカニカルブレーキで微調整する、もしくはきちんとマグダイヤルを調整してやれば良いのですが、ものぐさな私には多少の飛距離を犠牲にしてでもトラブルレスなインダクトローター固定状態のマグフォースの方が性に合っていると感じました。

超簡単!マグフォースVのお手軽0円カスタム方法 その②

超簡単!マグフォースVのお手軽0円カスタム方法 その②

やはり飛距離は犠牲になるものの、バックラッシュはしなくなるし空気抵抗の大きいルアーは投げやすくなるしルアーの重さが多少変わったところでちょこちょこマグダイヤルを調整する必要は無くなるし、とメリットは沢山あります。お金も掛からないし、気に入らなかったらすぐ元に戻せますのでマグフォースV(マグフォースZ)ユーザーは1度チャレンジしてみてください。

超簡単!マグフォースVのお手軽0円カスタム方法  その①

超簡単!マグフォースVのお手軽0円カスタム方法 その①

ミリオネアCV-Z103のマグフォースVスプールを使って、マグフォースVを扱いやすく(バックラッシュしなくなる、マグダイヤルの設定をコロコロ変えなくて良くなる、向かい風のキャストがしやすくなる、空気抵抗の大きいビックベイトなどのルアーが投げやすくなる)する超簡単0円カスタムを行っていきましょう。

スポンサーリンク
広告 PC