カヤックゲームの万能ロッド スナッパー64MLインプレッション

カヤックゲームの万能ロッド スナッパー64MLインプレッション

ルアーはシーバス用の軽めのものからティップラン用の重たいエギまでストレス無くキャストできます。28gジグヘッド+クロー系ワームもびしばし動かせますし、80gぐらいのジグだったらガンガンしゃくれます。タイラバはやはり得意で感度も相当良いのでしょう。カヤックフィッシングでオールマイティーなロッドをお探しであればスナッパー64MLが最適ですよ。

リーダーの長さをワンタッチで変えることが出来るダウンショットリグ

リーダーの長さをワンタッチで変えることが出来るダウンショットリグ

普通にダウンショットリグを作った場合、リーダー(フックから下のライン)の長さは5~15cm程でしょうか。長くても30cmとかかな?私は結構長めが好きです。あとボトムにウィードが生えている場所で、そのウィードの上でワームをふわふわ泳がせたい、みたいな状況ではウィードの長さ分リーダーをとったりもします。

ベイトフィネス【ヴィゴーレGVIC-65L/BF】×【ALC-BF7】インプレ

ベイトフィネス【ヴィゴーレGVIC-65L/BF】×【ALC-BF7】インプレ

実際に使ってみると、とにかくキャストが上手くなった気持ちにさせてくれます。タックル重量が軽くなったおかげでピッチングはもちろんスキッピングもらくらく、ロッドとリールの性能からルアーは狙った場所にビシバシ決まるし低弾道で飛ぶ。あらゆるキャストが楽に決まります。

真冬の江津湖でまさかのライギョを釣りました!しかもベイトフィネス

真冬の江津湖でまさかのライギョを釣りました!しかもベイトフィネス

レタスの穴打ちでダウンショットをボトムまで沈めてからのシェイクで「コンっ」っと。はじめは「子バスか?ギルか?」とあまり相手にしなかったのですが、次のシェイクをいれようとするとラインがグイイイイイイイインと走ったためとりあえず合せてみましたが、全然止まらない!6lbのラインが大量のレタスを拾ってブレイクしないかと焦りまくりでしたが、そこは高級フロロライン(シーガーR18フロロリミテッド)ですね。

PLANO プラノボックスを格安で自作カスタムしてみる その6

PLANO プラノボックスを格安で自作カスタムしてみる その6

100均で買った「ソフトドアポケット」\100税別です。こいつを側面に取り付けていきましょう。おお~。遠目で見ると相当かっこいいですね。パーツを黒(またはグレー)で統一したのが功を奏しています。サイドポケットにはプライヤーやペンチを入れる予定ですが、両面テープでの取り付けなのではやり強度面に不安が残りますが、、、とりあえずはこれでいきましょう。

PLANO プラノボックスを格安で自作カスタムしてみる その4

PLANO プラノボックスを格安で自作カスタムしてみる その4

これで蓋の裏がフラットになりましたので小物を置いたり、ちょっとしたテーブル代わりに使ったりが出来るようになりました。休憩のときにコーヒーを置いたり出来そうですね。とりあえず完成です!しかし両面テープがひっついていない箇所も沢山あるでしょうから、実用においての強度が気になります。ん~なにか良い手はないだろうか。。。

PLANO プラノボックスを格安で自作カスタムしてみる その2

PLANO プラノボックスを格安で自作カスタムしてみる その2

前回の記事でプラノボックスの、蓋の裏のボコボコを埋める為のトレーを作る為の型紙を作成しましたね。今回はその続きです。方眼用紙をカッターと定規を使い大体の形に整え、角はエアコンのリモコンの角を利用して線を引き、ハサミで整えてこんな感じの型紙を作りました。今回用意しましたのは厚さ2mmのベニヤ板です。

PLANO プラノボックスを格安で自作カスタムしてみる その1

PLANO プラノボックスを格安で自作カスタムしてみる その1

人気のタックルボックス「プラノ1612-00」ですが、ネットで調べてみるとカスタムパーツがたくさんあるようで、皆さんそれぞれ用途に合わせたカスタムを施されていますね。しかしボックスがそこそこ値段がするうえに、高価なカスタムパーツなんて私には高値の華過ぎて、喉から手も出てきません。

スポンサーリンク
広告 PC