「 釣具/改造/レビュー 」一覧

もう陸っぱりでルアーをロストしない!ランディングネットのルアー回収機化

もう陸っぱりでルアーをロストしない!ランディングネットのルアー回収機化

ネットで2000円ちょっとで買ったのですが、高価なハードルアーであれば1個回収しただけで元が取れますし、2個目からは儲けだといえます。今回生まれて初めてルアー回収機(ルアーキャッチャー)を購入しましたが、もっと早く買っておけば今まで根掛かりでロストしてきたルアー達の何割かは回収できていたでしょうね。

Fishman ブリスト 5.10LH の ‘‘ショートグリップ‘‘ 入手インプレ

Fishman ブリスト 5.10LH の ‘‘ショートグリップ‘‘ 入手インプレ

‘‘ブリスト5.10LH‘‘と‘‘ブリスト5.10LH用ショートグリップ‘‘をどちらも買おうと思うと、合わせて7万円以上しますね。いや~そんな高い釣具買えねえっす!と安易に否定するのではなく、ちょっとブリスト5.10LH×ショートグリップを持つことで得られる優位性を考えてみましょう。

ナマゾンネット購入インプレ!バス釣りに最適なランディングネット

ナマゾンネット購入インプレ!バス釣りに最適なランディングネット

あったんですよ、‘‘バス用ほどの重さと仕舞い寸法‘‘で‘‘80cmのランカーシーバス対応のサイズ‘‘を備えた夢のようなランディングネットが!ナマゾンネットは十分軽量なランディングネットだといえるでしょう。それでいて獲れる魚の大きさが格段にアップしていますので、これほどバス釣り&不意な大物に最適なランディングネットは他にないと思います。

アブ レボ パワークランク5のマグネットチューンとサイドカップ水没

アブ レボ パワークランク5のマグネットチューンとサイドカップ水没

しかもパワークランクのものはマグネットを装着する穴が5ヶ所しかないのですが、上の画像のようにビッグシューターコンパクトのものは5ヶ所+2ヶ所の計7ヶ所にマグネットを装着可能です。そうするとマグネットは2倍厚くでき、さらに2ヶ所マグネットを追加することが出来ますので、これでパワークランクも合計600円で立派に‘‘マグネットチューン‘‘をすることが出来ました。

ダイワ ブラックレーベルプラスで最もバーサタイルなロッドを考える

ダイワ ブラックレーベルプラスで最もバーサタイルなロッドを考える

カヤックフィッシングでは積むロッドは1本だけにした方が釣りに集中出来て、結果として釣果は上がると思います。陸っぱりでもロッドが1本だけの場合の方がルアーを投げる回数もずっと増えますし、移動が苦にならないのでその結果ランガンする範囲が広くなり、バスと出会う確立も増えます。そう、ロッドを1本にすれば釣れる魚は絶対に増えるのです。

タックルボックスの仕切り板をダ〇ソーのPPシートで自作してみる

タックルボックスの仕切り板をダ〇ソーのPPシートで自作してみる

1枚作るのに掛かった時間は約5分、材料費は100円です。これなら中古で買ったタックルボックスに仕切り板が付属していなくても自分で簡単に作れますね。実際にカヤックバスフィッシングで使ってみましたが、仕切り板があるのと無いのでは使い勝手が雲泥の差でしたよ!

陸っぱりのバス釣りに使うタックルバック!リーニアとダイワを比較

陸っぱりのバス釣りに使うタックルバック!リーニアとダイワを比較

おおっ、816gです!ダイワのバッグと比べるとなんと30パーセントの軽量化です!軽くなった分、生地が薄くふにゃふにゃになったのか?というとそれはNO!しっかりとした生地でかなり丈夫そうな印象です。それでいて軽いんですからリーニアのグルーパーは優れものですね。

魚釣りに使うクーラーボックスを改造してロッドホルダーを追加する

魚釣りに使うクーラーボックスを改造してロッドホルダーを追加する

これで釣りにいつも持っていくクーラーボックスに、ロッド3本とプライヤーやフィッシュグリップを挿して持ち運べるようになりました。クーラーの中に飲料や食料を入れてオフショアの釣りに持って行っても良さそうですね。椅子代わりにも使えますし、滑り止めをつけたことで船上でも滑らないから快適です。

PLANO タックルボックスの格安自作カスタム 最終形態

PLANO タックルボックスの格安自作カスタム 最終形態

まずは正面を。グリーン×ブラックで統一されたミリタリーな雰囲気です。自分で言うのもどうかとは思いますが、尋常じゃない格好良さです。実際にロッドを挿入してみてもガタつくこともなく、しっかり役割を果たしてくれています。プラノのタックルボックスに、ロッドホルダーを自作で取り付けしたい人にはおすすめの方法ですので、是非やってみてください。

スポンサーリンク
広告 PC