「 釣具/改造/レビュー 」一覧

釣れるルアーが浸水!でも簡単に修理できるらしいからやってみた

釣れるルアーが浸水!でも簡単に修理できるらしいからやってみた

ネット上で見付けた方法の中で一番簡単そうだったのが、「ルアーをドライヤーで暖めると、内部の空気が膨張して溜まった水が浸入箇所から出てくる」というもの。なんと簡単なことでしょう。しかも浸水の原因箇所も同時に発見することができるなんて、一石二鳥じゃないですか。

まだ根掛かりロストさせてるの?ルアー回収機(レスキューロボ)の改良

まだ根掛かりロストさせてるの?ルアー回収機(レスキューロボ)の改良

ルアー1個1,500円で考えると、10個根掛かりでロストすれば15,000円、20個根掛かりでロストすれば30,000円、30個根掛かりでロストすれば45,000円、、、。陸っぱりの釣りでルアーの根掛かりは避けられないとはいえ、これでは釣具に使う軍資金がいくらあっても足りません。もし、10個のルアーロストを防ぐことができればどうでしょうか。浮いたお金でちょっとしたタックルが買えてしまう金額になりますよね。

もう根掛かりしない!レスキューロボは最強のルアー回収機となるか買ってみた

もう根掛かりしない!レスキューロボは最強のルアー回収機となるか買ってみた

陸っぱりでもカヤックの釣りでも持ち運ぶ荷物は最小限に抑えたいもの。今回ルアー回収機を新たに導入するにあたり、それ自体がコンパクト且つシンプルであることが絶対条件だと考えていました。そのため普通のライン巻きだと別途本体を固定するためのベルトが必要だったりしますので、このストリンガーハーケンスプールの「ラインを挟んで固定できる仕組み」はかなりありがたいのです。

立岡池ボウズ!簡単フローティングキャロ考案とヘビキャロの収納について

立岡池ボウズ!簡単フローティングキャロ考案とヘビキャロの収納について

ただ、普段よく行く江津湖と今回の立岡池がそうだったように、水深が全然ない場所ではワームをズル引くよりも水面直下とか中層を泳がせた方がバスに気付いてもらいやすいのではないかと思うので、ヘビキャロのシンカーで強制的にボトムをとるのではなく、どうにかしてワームを浮かせられないかと考えてみたのが上の画像のリグ、フローティングキャロ(のつもり)です。

カヤックフィッシング用にロッドグリップ延長!簡単自作ロッドカスタムのすすめ

カヤックフィッシング用にロッドグリップ延長!簡単自作ロッドカスタムのすすめ

カヤックフィッシングをメインに考えると、グリップをあと5cmも長くすればしっかりと脇に挟めるようになるが、そうすると陸っぱりの鯰釣りでのキャストがやりにくくなる。3cm程度であればギリギリ脇に挟めるしキャストの邪魔にもならないだろうな~。なんて思っていました。

これは簡単!スナップで一瞬でリグれるヘビキャロ仕掛けの作り方

これは簡単!スナップで一瞬でリグれるヘビキャロ仕掛けの作り方

今回作った仕掛けは「ヘビキャロ歴○○年」みたいな人が見たらナンダコレハケシカランと怒るのかもしれませんが、陸っぱりの釣りで色んなルアーを投げる中、ローテーションのひとつとしてヘビキャロを持っておく程度の使い方であれば気軽に用意できるし、かさばらないし、釣れるし、おすすめでよ!

スポンサーリンク
広告 PC