「 釣果/釣り方/インプレ 」一覧

萩尾でバス釣り BICスポーツヤック213のインプレと車載方法

萩尾でバス釣り BICスポーツヤック213のインプレと車載方法

定員2名、最大積載量169kg、全長213cm、全幅115cm、重量19kgというかなり小さなボートなので、ミンコタのエンデューラC2というハンドエレキの一番小さい30ポンドでもそこそこのスピードが出ます。シートには明邦のバケットマウスを使用し、中にはエレキのバッテリーを収めています。

自作スモラバでバス釣ったった!萩尾溜池ボート釣行

自作スモラバでバス釣ったった!萩尾溜池ボート釣行

サイズは小さいですが数釣りが楽しめました。カバーを攻めすぎていくつかロストしていますが、一個当たり50円位で作れる自作スモラバであればロストを恐れず果敢に攻めることができるため、自然と釣果も増すのではないかとも考えられます。またルアーフィッシングにおいて投げルアーが「釣れるルアー」だと信頼できていることも大事だとは思いますので、そのへんも釣れる要因なのかと思います。

カヤックゲームの万能ロッド スナッパー64MLインプレッション

カヤックゲームの万能ロッド スナッパー64MLインプレッション

ルアーはシーバス用の軽めのものからティップラン用の重たいエギまでストレス無くキャストできます。28gジグヘッド+クロー系ワームもびしばし動かせますし、80gぐらいのジグだったらガンガンしゃくれます。タイラバはやはり得意で感度も相当良いのでしょう。カヤックフィッシングでオールマイティーなロッドをお探しであればスナッパー64MLが最適ですよ。

ベイトフィネス【ヴィゴーレGVIC-65L/BF】×【ALC-BF7】インプレ

ベイトフィネス【ヴィゴーレGVIC-65L/BF】×【ALC-BF7】インプレ

実際に使ってみると、とにかくキャストが上手くなった気持ちにさせてくれます。タックル重量が軽くなったおかげでピッチングはもちろんスキッピングもらくらく、ロッドとリールの性能からルアーは狙った場所にビシバシ決まるし低弾道で飛ぶ。あらゆるキャストが楽に決まります。

真冬の江津湖でまさかのライギョを釣りました!しかもベイトフィネス

真冬の江津湖でまさかのライギョを釣りました!しかもベイトフィネス

レタスの穴打ちでダウンショットをボトムまで沈めてからのシェイクで「コンっ」っと。はじめは「子バスか?ギルか?」とあまり相手にしなかったのですが、次のシェイクをいれようとするとラインがグイイイイイイイインと走ったためとりあえず合せてみましたが、全然止まらない!6lbのラインが大量のレタスを拾ってブレイクしないかと焦りまくりでしたが、そこは高級フロロライン(シーガーR18フロロリミテッド)ですね。

冬の下江津湖で48cmのブラックバス釣りました!またダウンショット

冬の下江津湖で48cmのブラックバス釣りました!またダウンショット

これは2017年1月17日の釣果です。場所は熊本が誇る1級バス釣りポイント江津湖(えづこ)、57号線を堺に上江津湖と下江津湖に分かれているのですが、今回は下江津湖の方です。2017年に入って本格的に取り入れたライトリグ、その中でも釣れ釣れなダウンショットリグ、さらにそのダウンショットリグをスナップで簡単に交換できるようにしたダウンショットリグ改で48cmのブラックバスを釣り上げました。

冬の下江津湖で35cmのブラックバス!ダウンショットリグ最高!

冬の下江津湖で35cmのブラックバス!ダウンショットリグ最高!

これは2017年1月29日の釣果です。このサイズでも釣れたら嬉しいですね。これまで(2016年まで)の私は、「バス釣りなんてルアーを投げているだけで楽しいし、食い気がある魚が居さえすればどんなルアーでも釣れるだろ!ワーム?なにそれみみっちい、男なら黙ってハードルアーだろ!」という謎の自信だけでやってきました。 それでも10回に1回は釣れるし、普段釣れないものですからその10回に1回のまぐれでも嬉しくて、それで満足しちゃってたんですね。

マグフォースVの飛距離を測ってみた!ミリオネアCV-Z103インプレッション

マグフォースVの飛距離を測ってみた!ミリオネアCV-Z103インプレッション

こうやってみるとやはりノーマルマグフォースVの方が飛距離が出ますね。しかし軽いルアーになるとバックラッシュが目立ち、チビアダーではバックラッシュが酷くて全く釣りになりませんでした。メカニカルブレーキで微調整する、もしくはきちんとマグダイヤルを調整してやれば良いのですが、ものぐさな私には多少の飛距離を犠牲にしてでもトラブルレスなインダクトローター固定状態のマグフォースの方が性に合っていると感じました。

スポンサーリンク
広告 PC