「 釣果/釣り方/インプレ 」一覧

バス釣り!O.S.Pマイラーミノー+偏光サングラスでサイトフィッシング

バス釣り!O.S.Pマイラーミノー+偏光サングラスでサイトフィッシング

普段は視界が暗くなるのが嫌であんまりかけないのですが、こうやって偏光グラスを使ってサイトで釣ってみると、これまでの釣りで逃した魚も何匹か居たのかもしれない、そう思わせてくれる程の見えっぷりでした。やっぱり偏光グラスはあった方が魚は釣れると思います。

ベイトフィネスで鯉釣り!ダイワのバスロッド×リール×ルアーで鯉65cm

ベイトフィネスで鯉釣り!ダイワのバスロッド×リール×ルアーで鯉65cm

凄かったのがダイワのブラックレーベルプラス661M/MLFB、公式で‘‘あらゆる陸っぱりベイトフィネス対応可能‘‘と謳っているライトな設計のロッドにも関わらず、鯉の強烈な引きにも耐え、一切の不安なくしっかりと寄せてこれるパワーがありました。あとは感度、ロッドの造りがいいのでしょう。手元に僅かに伝わってきた「ププルンッ」という違和感にビシっとアワセることで獲れた魚だと思います。

スティーズSV TWは本当にバックラッシュしなかった!飛距離インプレ

スティーズSV TWは本当にバックラッシュしなかった!飛距離インプレ

今回はそこそこ強い向かい風の中での試し投げでしたので、普通は軽いプラグなんか投げてたらそこそこバックラッシュしても良さそうなものですよね?それが全くないから驚きでした。今回私が「着水時のサミング意外必要ない」として設定したブレーキ値であれば、着水時ですらシビアなサミングは不要です。もう1ダイヤルブレーキを強くしてやれば着水時のサミングも必要ないんじゃないかな?

陸っぱりの1本はこれだ!ブラックレーベルプラスBL+661M/MLFB購入

陸っぱりの1本はこれだ!ブラックレーベルプラスBL+661M/MLFB購入

661M/MLFBは一応ベイトフィネスロッドというカテゴリーにも関わらず、12gもあるスピナーを何の不安も無くフルキャストすることが出来ます。どう思います?「70cm弱のシーバスを難無く獲れるベイトフィネスロッド」もしくは「70cm弱の魚をいなして寄せる事が出来るベイトフィネスロッド」。こんなロッドがあったら欲しくありませんか?

淡水で92cm/6.5kgのランカーシーバス!パックロッドでシーバス釣り

淡水で92cm/6.5kgのランカーシーバス!パックロッドでシーバス釣り

バス用のランディングネットにこの魚体は1/3程しか収まらず、尚且つ超重たい魚でもあったので、その状態ではネットを真上に引き上げることが出来きず、そのせいで見事にランディングネットは破損。その後折れたランディングネット(のネット側)とボガグリップ30lbを駆使して「死んでも逃がすものか」と鬼の形相で頑張っていたら何とかランディング出来ました。

淡水サヨリ?大雨の江津湖でシーバスをサヨリパターンのルアーで攻略

淡水サヨリ?大雨の江津湖でシーバスをサヨリパターンのルアーで攻略

この時点でまだ15時、雨雲のせいで若干薄暗いがまだまだ日中です。水面に強く打ち付ける大粒の雨のせいで半端なアクションのルアーでは魚に気付いてもらえないかもしれない、とチョイスしたルアーをボイルがあった場所に投げていくと、ゴンっ!水中でキラキラと強烈なフラッシングを放ち、ブリブリとローリングアクションしながら泳いでくるこのルアーをサヨリだと思って喰ってきたのかそうではないのか。

Fishmanブリスト5.10LHでベイトフィネスは可能か!?投げてみる

Fishmanブリスト5.10LHでベイトフィネスは可能か!?投げてみる

やはり下は7gがこのロッドの限界かと思います。ただそれぐらいのルアーだと空気抵抗の大小で投げやすさと飛距離がだいぶ変わってきますので、10g位あると飛距離も精度も安定するんでしょうね。ただ軽いものを投げるだけが‘‘ベイトフィネス‘‘だとは思いませんが、そもそもボトムの釣りに向いているロッドでもないと思いますので、無理してブリスト5.10LHでベイトフィネスなんかやるもんじゃないかなと感じました。

スポンサーリンク
広告 PC