「 釣果/釣り方/インプレ 」一覧

スピニングVSベイトフィネス!どっちがルアーを飛ばせるのか飛距離インプレッション

スピニングVSベイトフィネス!どっちがルアーを飛ばせるのか飛距離インプレッション

なんと、同じMLのスピニングロッドとベイトフィネスロッドでは、ベイトフィネスの方が飛距離が出ることが判明してしまったのです。その構造上、キャスト後のルアーにかかる抵抗が少なく気持ちよく飛び、その結果飛距離が出ると思っていたスピニングタックルでのキャストでしたが、まさかベイトタックルに負けてしまうだなんて、、、。

ダイワのバスロッドでソルトのジギング 鯛ラバ ロックフィッシュをやってみた

ダイワのバスロッドでソルトのジギング 鯛ラバ ロックフィッシュをやってみた

それはさすがに無理がるでしょうし、そこは分けて考えた方がいいのかもしれませんが、究極の理想を言えば‘‘1本で海でも川でも何の魚でも狙えるロッド‘‘が欲しいのです。そうするとバスロッドがやはり汎用性が高いと思われますので、あとはグリップをちょっとずつ延長してみてバス釣りでも使えてオフショアのバーチカルゲームではギリギリ脇に挟める長さを追求してみるか?

立岡池バス釣り!BL+671MLFS×16セルテート2004のデビューインプレ

立岡池バス釣り!BL+671MLFS×16セルテート2004のデビューインプレ

これが太糸を巻いたベイトタックルであれば、カバーの奥で魚をかけようが、ルアーが多少根かろうが、あまり細かいことを気にせずゴチャゴチャした場所に投げることができますよね。スピニングタックル×細糸はボートの釣りでピンスポットを狙う、もしくはバーチカルに探る場合に有効なのかもしれません。

ステルスペッパーというただ巻きで簡単に釣れるバス釣りルアーについて

ステルスペッパーというただ巻きで簡単に釣れるバス釣りルアーについて

このステルスペッパー90Sですが、投げてゆっくり巻いているだけでルアーの後ろにたくさんの魚がついてきます。「寄せる力が強い」とはこういうルアーに使う言葉なんだと知らされました。数匹群れて泳いでいるバス達のそばを通すとその中から3~4匹はルアーを追ってきますし、ブルーギルなんて10匹以上でまとまって追っかけてきます。

オカッパリの1本!ヘビーバーサタイルなBL+6101MHFB-G実釣インプレ

オカッパリの1本!ヘビーバーサタイルなBL+6101MHFB-G実釣インプレ

テキサスとかジグとかは元から全くやらないために向いていなくても何の問題もなく、普段661M/MLFBで投げるネコリグとかダウンショットのようなライトリグ、シャッド、スモラバ意外のほとんどのルアーは共通して投げて扱える、かなりバーサタイルなロッドです。

ダイワのスティーズA TWの飛距離はいかに!?再インプレしてきました

ダイワのスティーズA TWの飛距離はいかに!?再インプレしてきました

ルアーが着水する前に危険を察知してサミングで強制的に止めたのですが、これはフルキャストすると70m以上はぶっ飛ぶことが分かってしまいました。今のラインはおそらく70mは残っていると思われますので、これだけ飛ぶなら早めに巻きなおしたほうがいいかもしれませんね。

スポンサーリンク
広告 PC