船釣りの必需品!1000円以下でラインブレーカーを簡単に自作してみた

船釣りの必需品!1000円以下でラインブレーカーを簡単に自作してみた

潮でそこそこ流される船の上でリールからガンガン出されまくるPEラインをこのリングにくるっと巻きつける余裕はありませんでしたし、もしラインが指に絡まったら間違いなくチョンパ、、、。それが恐ろしくて仕方がありませんでした。ということで今回は、オフショアの釣りでルアーが根掛かりした際に、安全にPEラインを切るための道具を安価かつ簡単に自作してみたいと思います。

もし1個だけ選ぶとしたら?ドラゴンルアー e-mo(イーモ)のインプレ

もし1個だけ選ぶとしたら?ドラゴンルアー e-mo(イーモ)のインプレ

よく飛び、根掛かりせず、オールレンジを引けて、魅力的なアクションを起こす。ワームのような使い方もできますし、「釣れる要素は全て兼ね備えている」といっても過言ではないでしょう。もしバス釣りでルアーを1個しか持っていけない状況があったとしたら、イーモひとつを握りしめて行くのもいいかもしれませんよ。

立岡池ボウズ!簡単フローティングキャロ考案とヘビキャロの収納について

立岡池ボウズ!簡単フローティングキャロ考案とヘビキャロの収納について

ただ、普段よく行く江津湖と今回の立岡池がそうだったように、水深が全然ない場所ではワームをズル引くよりも水面直下とか中層を泳がせた方がバスに気付いてもらいやすいのではないかと思うので、ヘビキャロのシンカーで強制的にボトムをとるのではなく、どうにかしてワームを浮かせられないかと考えてみたのが上の画像のリグ、フローティングキャロ(のつもり)です。

カヤックフィッシング用にロッドグリップ延長!簡単自作ロッドカスタムのすすめ

カヤックフィッシング用にロッドグリップ延長!簡単自作ロッドカスタムのすすめ

カヤックフィッシングをメインに考えると、グリップをあと5cmも長くすればしっかりと脇に挟めるようになるが、そうすると陸っぱりの鯰釣りでのキャストがやりにくくなる。3cm程度であればギリギリ脇に挟めるしキャストの邪魔にもならないだろうな~。なんて思っていました。

スピナーベイトでシーバス?O.S.Pハイピッチャーはやっぱり釣れるルアーだった

スピナーベイトでシーバス?O.S.Pハイピッチャーはやっぱり釣れるルアーだった

若干薄暗くなってきたのであまりブレードのフラッシングは効かないかもしれないな~、とちょっと心配でしたが、ルアーチェンジごすぐに手元に伝わる「ガツンッ」という強いアタリ。おおおっ、夕方になって調子良いぞ!っと強めにフッキングを入れ、魚がジャンプしないようにロッドワークでいなしていると、「バシャバシャバシャバシャッ」

これは簡単!スナップで一瞬でリグれるヘビキャロ仕掛けの作り方

これは簡単!スナップで一瞬でリグれるヘビキャロ仕掛けの作り方

今回作った仕掛けは「ヘビキャロ歴○○年」みたいな人が見たらナンダコレハケシカランと怒るのかもしれませんが、陸っぱりの釣りで色んなルアーを投げる中、ローテーションのひとつとしてヘビキャロを持っておく程度の使い方であれば気軽に用意できるし、かさばらないし、釣れるし、おすすめでよ!

江津湖ヘビキャロ!BL+7011HRB × タトゥーラCTタイプR のインプレ

江津湖ヘビキャロ!BL+7011HRB × タトゥーラCTタイプR のインプレ

主に琵琶湖のような広大なフィールドで多用されるリグのようで、私の住む熊本県にはそれほど大きな規模のポイントは無く、そのためあまり必要ではないリグかに思われますが、逆に考えると「あまり人がやっていない釣り」であればあるほど魚はスレていないはずなので、その辺も期待に胸が膨らむところではあります。

スピニングVSベイトフィネス!どっちがルアーを飛ばせるのか飛距離インプレッション

スピニングVSベイトフィネス!どっちがルアーを飛ばせるのか飛距離インプレッション

なんと、同じMLのスピニングロッドとベイトフィネスロッドでは、ベイトフィネスの方が飛距離が出ることが判明してしまったのです。その構造上、キャスト後のルアーにかかる抵抗が少なく気持ちよく飛び、その結果飛距離が出ると思っていたスピニングタックルでのキャストでしたが、まさかベイトタックルに負けてしまうだなんて、、、。

スポンサーリンク
広告 PC